ビットコインとブロックチェーンって、実体がないだけにイマイチわかりにくいですよね。

本書はそれがサクッと理解できてオススメですよ〜。
モヤモヤしていた箇所がスッキリしました。
以下、ビットコインとブロックチェーンをざっくりおさらいしてみましょう。

ビットコインっていうのはヴャーチャルなお金というのはすぐ理解できると思います。
ビットコインの特徴

・電子データである。
・特定の国に属さない「国際通貨」
・分散して管理する。(特定の金融機関には預けない)

このビットコインの信用はどこから生まれるのか?

・「誰も偽造・改変できない(はず)」


「全員が過去の取引記録を相互認証する仕組み」
があって、誰もそれを偽造したり、過去にさかのぼって改変したりすることはできない。


ー『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』


ブロックチェーンの特徴

ブロックチェーンはこのビットコインの、やりとりを記録した台帳のことですね。ブロックチェーンの仕組みが、ビットコインの信用を担保してたのです。(これが全てではありませんが、気なる人は本書で)

ブロックチェーンには、ビットコインでの取引が記録されます。

一つひとつの取引は「トランザクション」と呼ばれ、すべてのトランザクションは「AさんからBさんへ◯BTC移動する」という形で記録されます。

ー『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』


このトランザクションが複数集まったのがブロックです。このブロックが承認されるとチェーンの最後尾に数珠繋ぎにされます。このチェーンは過去の取引記録(ブロック)をずらずらと繋げたものです。
現時点でそのブロックは45万個あるそうですね。

関連記事:インターネットに匹敵する発明 by『ブロックチェーン レボリューション』

誰がなんで承認するの?

問題はこのブロックを承認するマイニング(採掘)って作業はなんなのか?そして、どうしてマイニング(採掘)するとビットコインを掘り当てられるのか?
いまいち、よくわかってなかったです・・・

ブロックを承認してチェーンの最後尾にガッチャンコするにはがいるのです。しかもこのを見つけるためには膨大な計算が必要です・・・(それこそスパコンを使うような)

これを計算する人をマイナー(採掘者)と言いいます。(超高スペックなPCを使っているんでしょうね。)
でも、こんな電気代がかかって面倒なことは誰もタダではやりません。

しかし、なんとこの鍵を見つけた人は12.5BTCもらえるのです。

「1BTC=10万円」(現在のレート)だとすると「12・5BTC=125万円」です。

125万円が、このしち面倒くさい計算を解くインセンティブなんです。


この計算が10分ごとに実行されいて、世界中のマイナーたちがこの競争に参加しているわけです。だから採掘(マイニング) って言うんですね。実質的にこのブロックの承認作業が、ビットコインを掘り越している作業となります。


判子を押す部長をたとえ話として、本書でうまく表現されてました。わかりやすい!
未承認のトランザクションを「未決の書類」だとすると、決裁権を持った部長のデスクには未決の書類がどんどんたまっていきます。100枚たまったらバンバンバンとまとめて承認印を押して、承認済みのファイルフォルダに入れ、フォルダを左から順番に書類棚に入れて、ダイヤル錠で鍵をかけるというイメージです。~ 書類棚に鍵をかけるときのダイヤル錠の番号が毎回変わるので、毎回、番号をしらみつぶしに調べる必要があります。総当たり方式で正しい番号を見つけるレースで、いちばん先に正しい番号を見つけた部長が、承認レースの勝者として、報酬を独り占めするわけです。

ー『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』
 
関連記事:【3ステップで仮想通貨を購入!】今すぐビットコインを購入する。