これSFなんですが、超おすすめです。もう映画「メッセージ」も公開されましたね。

短編なので時間がない人でサクッと読めますよ。
それでいて内容が濃いんですね〜。「インディペンデンス・デイ」(これはこれで大傑作)を想像しちゃダメですよ。
地球を訪れたエイリアンとのコンタクトを担当した言語学者のルイーズは、まったく異なる彼らの言語を理解するにつれ、驚くべき運命にまきこまれていく……
宇宙人が出てくるんですけど、キーワードは彼らが使っている「文字」

実はわれわれ人類が使っているのものと大幅に違います。

主人公は宇宙人の言語を理解するにつれ世界への認識が変わっていく
あなたのおとうさんがわたしにある質問をしようとしている。これは、わたしの人生におけるもっとも大事なひとときであり、わたしは注意を払って、あらゆる詳細を心に刻もうとしている。

あなたの人生の物語

主人公はこれを現在語っているんですよ・・・

実はこの宇宙人には過去・現在・未来っていう時間軸が存在しないんです。
始まりも終わりもない、直線じゃない認識。これに触れた主人公の思考が変わってしまうんですよ。これ以上書くとネタバレになってしまいますね。

SFが苦手な人にこそ読んでほしいです。どちらかというと、これから子育てするママさんなんかに読んでほしい。主人公の勇気に涙しますよ。

避けられない運命を知った時、人はどう行動するか?

全8編収録でどれもぶっ飛んでました。特に有名な「地獄とは神の不在なり」は宗教に批判を込めてます。日頃から「宗教はちょっと苦手なんだよな〜」思っている人にはピンポイントです。