「お金が欲しい・・老後が心配だ」
「好こなことも実現したい」
「人間関係が面倒だ・・・でも寂しい」

どうすりゃ、幸福な人生になるのか?
実はその考え方はとてもシンプルです。

タイトルに「幸福」って出てくる時点でなんか、胡散臭い自己啓発みたいで、最初は読むのを躊躇していたが、橘さんの本だしなあ、きっと磐石な根拠があるんだろうって、読んでみました。

本書では、「金融資産」「人的資本」「社会資本」という3つの資本=資産から、「幸福に生きるための土台(インフラストラクチャー)」の設計を提案しています。この考え方はきわめてシンプルですが、だからこそとても強力です。


本書の提案にのっとって正しく人生を「設計」すれば、誰でも「幸福の条件」を手に入れることができるのですから。 「そんなうまい話があるわけがない」と思う方もいるでしょうが、本書を最後まで読めば納得してもらえるのではないかと私は考えています。


なぜならこれは、あなたがいまここに存在する「奇跡」と「幸運」を活かし、論理的=経済合理的に考えればそれ以外にはないという意味で、普遍的な話だからです。


幸福な人生を、送るに必要な根拠は三つです。

・金融資本 その名通りお金や金融資産です。
・人的資本 自分という資本を使って働くとこと。自己実現。
・社会資本 家族や同僚、友達などのつながり。人間関係。

ただしこの三つ全て完璧に手に入れるは、ほぼ不可能です。逆に全てない状態が貧困です。

例えば、定年退職した、裕福なサラーリンマンは金融資本はありますが、人的資本と社会資本を失しないます。
若手の会社員は人的資本が充実していますよね。でも金融資本がなく、社会資本が希薄だと人的資本を失えば一気に貧困に転落します。
地方都市のマイルドヤンキーは、社会資本が充実した状態ですね。地元の絆が磐石です。困った時は周りが助けあるので、逆に金融資本はいりません。

これを全て失ったのが、貧困女子です。資産もない、働き口もない、頼れる家族、友人もいない・・・

要するに組み合わせ次第で、まったく異なる人生になります。

でも、全部充実させるのが無理なら、どんな組みわせが幸せなのだろうか?

現在は高度な知識が要求される、グローバル資本主義が当たり前になった、人生100年時代です。
著者が、提案するのは人的資本を充実させ、社会資本を柔軟にした、フリーエージェントという働き方です。

フリーエージェントは知識社会に最適化した生き方で、「好きなこと」に人的資本のすべてを投資し、官僚化した組織では生み出せないコンテンツやテクノロジー、スキルや知識を独占します。

インターネットを通じて顧客と直接つながることができるようになった彼らは組織に従属する必要がなくなり、人間関係を選択することで自由な人生を楽しむのです。

「人間関係を選強いつながり」を恋人や家族にミニマル(最小)化して、友情を含めそれ以外の関係はすべて貨幣空間に置き換えるのです。

会社組織のベタな人間関係に慣れたひとはこうした働き方をものたりなく思うかもしれませんが、すべてのサラリーマンが定年退職で人的資本と社会資本の大半を失ってしまいます。
人生100年時代を考えるならば、年齢にかかわらず弱いつながりを維持しつつ、フリーエージェントとしてプロジェクト型の仕事をする「生涯現役戦略」の方がはるかに効果的なことは明らかです。


生涯現役を前提として、人的資本は自分の好きなことに集中投資して、マネタイズします。人間関係などの社会資本は、SNSみたいにゆるい状態にする働きかたです。

例えば、クラウドワークスなどで実現できますよね。でも、まだ単価が低いですが・・・なのでプロジェクトを、いくつも掛け持つのが当たり前になるのでしょうか。

人生の悩みの大半は、健康、金銭、人間関係です。
これが実現できれば、会社のわずらわしい人間関係はクリアですね。

ここで健康であれば、生涯現役も夢でもないので、老後という概念が消えます。(金銭の問題。)

わたし自身ですか?
所有物も減らし、かなりシンプルな生活をしております。
人間関係もつながりはゆるゆるです。
強い絆とかで依存し合うのは嫌いですね。
逆に独立した個人が助け合うのはカッコいいなと思ってます。
金融資本は全然です・・・w でも最近は仮想通貨にハマってます。
ブロックチェーンには興奮してますよ。
好きなこといえばサーフィンなんかにもハマってますよ。
ああ、理想はPC一つで仕事を完結したい・・・

とりあえず、わたしの世代は死ぬまで働く前提ですね。
団塊世代と比べたら超ハードモードです。
逆に好きなことをマネタイズできたら、毎日がボーナスステージみたいになります。

健康だし、好きな場所に住めて、ある程度は自己実現ができたものの、金融や社会資本的には不安定ですかね・・・

最後に突然幸福が降ってきた人が、不幸になる例を引用しておきます。ちょっと長いですが本質をついています。

宝くじ一等当選者の、追跡調査の例です。

貧乏暮らしから億万長者になったときには、当然、ものすごい幸福感に酔いしれます。
しかし不思議なことに、当せんから5年後には(早ければ2~3年で)、彼らは以前より不幸になってしまうのです。

彼らになにが起きたのかを、3つの資本=資産で説明してみましょう。

まず、宝くじの当せん金によって金融資産がマックスになり、いきなり「経済的独立」を手にします。
毎日が自由で好きなことだけをすればいいのですから、幸福感もマックスに振れることはいうまでもありません。

しかしここで、第2の変化が起きます。
億万長者になってもつまらない仕事をつづけるひとはいませんから、さっさと職場に辞表を提出するでしょう。
これに
よって人的資本がゼロになります。

次いで第3の変化が起こります。
億万長者になったことを知ったきょうだいや親戚、学生時代の友人やむかしの知り合いが次々とお金を無心しにやってくるのです。
その結果人間不信に陥り、すべての交友関係を断ち切ってしまうというのがお決まりのパターンです。

こうして社会資本もゼロになってしまいます。

宝くじに当たった幸運なひとは、短期間に人的資本と社会資本を失い、金融資産だけになります。
それでもじゅうぶんなお金があれば問題ありませんが、ここにも罠が潜んでいます。自分でお金を稼いだひとは、お金の使い方や節約の仕方を学んでいます。
しかし、
突然、大金が転がり込んできた彼らは、豪邸を購入したり、あやしげな投資話に首を突っ込んだりして、あっというまに全財産をすってしまうのです。
金融資産を失うと、人的資本と社会資本はもう残っていないのですから、あとは「貧困」が待っているだけです。

われわれに必要なのは実は幸福でなく、逆境かもしれませんね・・・
そして逆境を乗り越えた時に、そこに幸福があるのかもしれません。

みなさんも、ぜひ本書を通して、自分の人生戦略を考えてみてください。
すごくシンプルなルールに乗っ取っているので、誰でも実践できますよ〜。