Opengraph

コインとトークン違いは?ブロックチェーンとビットコインは同じ?

なんか仮想通貨界隈は専門用語が多くて、混乱しますよね・・・

しかし、基本的コンセプトさえ覚えておけば大丈夫です。実にシンプルですよ。


ブロックチェーンとビットコイン違い

階層化するとわかりやすいです。 大元にあるのがブロックチェーン、その上で動いているのがプロトコル、そしてプロトコル上に、個別のサービスがある場合はトークンが実装されています。


  • ブロックチェーン
  • プロトコル 例:ビットコイン、イーサリアム、NEO
  • トークン 例:ファクトム(FCT)、ゴーレム(GNT)

  • データを格納する方法⇨ブロックチェーン(データベース)
  • 通信方式(P2P)やコンセンサス・アルゴリズム(Pow、Pos)⇨プロトコル
  • プロトコル上のサービスで、やりとりする通貨⇨トークン

まずはこの概略だけイメージできればバッチリでよ。

ブロックチェーンは、ハッシュを使った改ざんが不可能なデータの格納方式です。

プロトコルというのは通信方式。どのように相手と通信するかの約束事。TCPとかHTTPとかP2Pだったり、クライアントサーバーやノード同士で通信する方法。

ビットコインを実現する上で、二重払いの問題がありました。それを解消する上でブロックチェーンというアイディアが必要だったわけです。

イーサリアムはスマートコントラクトを実現したかったわけです。スマートコントラクトというプログラムを実行する上で、相手を信頼する必要のないブロックチェーンというアイディアが必要だったわけです。


コインとトークンの違い

コインは、ブロックチェーンプロトコルの存在を維持するために利用される通貨です。ビットコインだったりイーサですね。コインの存在は、ネットワークを動作させるために必須なのです。なぜなら、合意形成を実現するインセンティブ(報酬)としてコインの支払いが必要だからです。

一方でトークンは、後から独自に定義したものです。実現したいプロジェクトなりスマートコントラクトのサービスの利用料です。

分かりやすい例でいうとICOですね。イーサリアム上に、独自通貨を発行して、資金調達するわけです。プロジェクトなりサービスが拡大すれば、トークンの価値も上がるわけです。

トークンは、スマートコントラクトを実行ために必要な燃料みたいなものです。 ちなみにビットコインでは、スマートコントラクトを実装できないのでトークンはないです。ビットコイン自体、通貨を想定していますからね。

今後、イーサリアム上の様々なトークンが生まれてきます。もうそれは現れては消えて行きますよ。w

ちなみにトークンは、プログラムが書ければ誰でも発行できます。だから、これだけICOが乱立しているわけです。

今後、伸びそうなトークンを見つけるヒントとして、しっかりサービスを理解することですね。ホワイトペイパーの内容や、偉い人が関わっているかだけでなく、GitHubもチェックしてサービスの進捗もチェックすべきです。

投資する前に仮想通貨の基礎はしっかり抑えておきましょう!


関連記事:仮想通貨を始めるべきシンプルな理由。
関連記事:ブロックチェーン本を淡々と評価するよ。