次世代のSNS。ついに来たかって感じですね。

これは、すごいですよー


Steemit big

投稿したり、「いいね」したり、他人に「コメント」するだけトークンがたまっていくソーシャルメディアSteemit(スティミット)

何がすごいかって、いいコンテンツを作って評価されると報酬がもらえるのですよ。逆に評価を与える方にも報酬があるのです。双方向にモチベーションがあります。

最初、詐欺かと思いましたけど、実際に使ってみてそんなことなかったです。お金やビットコインを要求されることはありませんでした。

SNS内では独自トークンであるSteem(スティーム)を使います。もちろんchangellyとかでビットコインに両替できます!いわゆるVALUで言うVAみたいなものですね。

ちなみにcoinmarketcap見るとSteemは20位ぐらいです。


スクリーンショット 2017 10 01 17 49 11

SNSでの影響力が、トークンに反映される。

スクリーンショット 2017 10 01 15 24 09

登録にSMS認証が必要です。あとは超簡単でした。

スクリーンショット 2017 10 01 15 23 43

タイムラインですね。まだ海外ユーザーばっかりです。

スクリーンショット 2017 10 01 15 14 55

投稿もブログと変わらないです。タイトル、記事を入力、タグ付けして終わり。

スクリーンショット 2017 10 01 15 24 23

スティミットのエコシステム

さて、報酬システムはどう動いているか?SNS内で、重要となる3つの通貨がるあるので説明しますね。


・Steam

スティミットのトークンです。取引所で売買できます。(ビットコインやイーサとトレードできる。)このSteamが、スティミット外でも流通できる価値となります。売買可能なので、マーケットでの価格が変動します(ボラティリティがある)。

外の世界とのインターフェースとなる通貨です。

逆に言うと、外部からスティミット内に持ち込める価値にもなります。Steamは下記のSteamPower、Steam Dollersに交換できます。また逆にSteamPower、SteamDollersをSteamに交換できます。


・Steam Power 

スティミット内での影響力となります。戦闘力ですよ。スティミットを始めると、最初にSteam Powerを与えられます。Upvote(投票)やコメントの価値は、SteamPowerによって決まります。

毎年15%利子がつきます。このためSteamに交換せずに長期保有すれば、スティミット内での影響力が上がります。ちなみにSteamをSteam Powerに交換することをPowerUpと言います。逆にPowerDownといってSteamに換金できますが、そのかわり影響力が落ちます。


・Steam Dollers

スティミット内の通貨で、具体的な報酬です。Steamが外の世界での価値であるのに対して、Steam Dollersはスティミット内での通貨です。なので現実世界では価値がなく、例えば、日本円がアメリカで使えないかったり、VALU内のVAがコンビニで使えないのと一緒です。

Upvote(投票)「いいね」されると、このSteam Dollersとなります。 SteamDollersは価値が変動せず、常の1SteamDollersは1ドルと対応しています。

例えばスティミット辞めて、キャッシュアウトしたい場合はSteam DollersをSteamに変えて、取引所で他のコインに交換すればいいです。

逆に、長期的にスティミット内で影響力を持ちたい場合は、Steam DollersをSteamに変えて、さらにSteamPowerに変えれば影響力が上がります。

ちなみに、報酬は一週間ごとにスティミット内のWalletに振り込まれます。


ざっくりですが、こんな感じです。使ってみないと、なんのことやらさっぱりですよね・・・

コミュニティの中で貢献する(投稿、いいね、コメント)⇨トークンの価値を上げる(SteamPowerをUp)⇨評価と影響力が上がり、さらにコミュニティに貢献するインセンティブとなる。⇨繰り返し

わからない人は、これだけ覚えてもらえればいいです。あとは実際に使ってみるしかないですよ。

わたしも、いくつか写真を投稿してみて「いいね」をもらいました。 ちなみに、9セントぐらい稼ぎました。Steemitでは「いいね」をUpvote(投票)と言います。


スクリーンショット 2017 10 01 17 42 29

他人がいくら稼いでいるか全部丸見えなので、すごい稼いでいる人たちがいるのは事実です。いいコンテンツを作れる人や、影響力がある人は、スティミットだけで生活できますよ。

もう、おもいっきり評価経済です。価値あるコンテンツを書けば書くほど、自分の影響力が上がってきます。そうすると、もらえいるSteamDollersの量も増えていきます。逆に、誹謗中傷やクソリプばかりだと、評価が落ちてタイムラインに表示されなくなるみたいです。インフルエンサーの皆さん。朗報ですよw


Facebookと何が違うの?

Facebookだと、どんなに投稿しても、どんなに「いいね」をもらえても、それはFacebookが利用するビックデータでしかありません。プラットフォームは無料で提供するけど、かわりにあなたのデータは使わせてもらうね〜ということです。個人データを、大企業や広告主に売ってプラットフォームを維持しているわけです。

完全に広告主を向いていますね。

既存のインターネットでの問題は、コンテンツの作り手に報酬がいかず、広告主にお金が流れているというモデルです。広告主は、自分の広告を表示してくれる企業にお金を出しています。これがサービスの維持費や、ホスティング代となっているのです。

一方で、Steemit(スティミット)は、ブロックチェーン上で完全に分散管理しています。投稿データを管理する中央がいません。ブロックチェーンを使ったSNSだと、各ユーザーがサービスをホスティングすることになります。分散化されたP2Pネットワークなので、そもそも維持費もホスティング代もいりません。

スティミットで報われるのは広告主ではなく、いいコンテンツを作った人です。こういったトークン経済の思想として、使う人が増えれば増えるほど、トークンの価値が上がっていきます。トークンの価値が上がればさらに使う人が増えていきます。

トークン発行者はSteemの価値を上げること、ユーザーのモチベーションは、価値あるコンテンツを作って評価を上げたり、他人の投稿に「いいね」して、Steemを稼ぐことです。

報酬が、トークン発行者とユーザーに還元されるエコシステムです。完全にトークンエコノミーです。

これだと、記事を書くモチベーションが上がりますよね!

もはやどんなプラットフォームでも一緒ですが、Steemitに登録したからと言って「これで毎日1万円だ。バンザイ」みたいにはいかないです。淡々とコンテツを投稿して、時間かけて評価を上げていくしかありません。

どこからお金が出てるんだ?怪しい・・・と思うかもしれませんが、VALUを、やったことがあると人ならピンとくるかもしれません。

トークンを発行して、多くの人がサービスを通して使うようになれば、トークンの価値は上がっていきます。また、トークンを持つことによって影響力を発揮できるようになれば、さらにビットコインやイーサとトレードしたいって人も現れます。

「価値がある」という、みんなの幻想が支えているのです。これが価値の本質です。

Steemit(スティミット)