「マジで!テレビ持ってないんだ?なんで?」

わたしとテレビ番組の話題になると、必ずこの話になります。
番組の話題すら始まらないという・・・

なんで所有しないのでしょうか?

理由はシンプルです。まったく見ないから。w
確かにテレビ見ていると面白い番組も放送していますよ。しかしながら、自分の人生の中には、もっと大事なことがあのですよ。

以下、所有しない理由です。

お金がかかるから。

テレビ、それ自体を購入するのに何十万もかかります。それと、テレビ台、ケーブル類、DVDプレーヤー、音響システムや定額制のストリーミングサービスなどなど、テレビって付属品の方がコストがバカにならないですね。

本当にこれって全部使うのかって、冷静に考えると、実は付属品って元すらとってないんですよね。そして、テレビで失うのはお金だけじゃないんですよ。もっと人生で大切なものを失います。

時間を浪費するから

テレビで奪われるこの世で最も大切なもの。それは時間です。インターネットでも同じことが言えます。現代人の1日の平均視聴時間は5時間と言われています。

一週間で実に35時間です・・・

逆に言うとテレビが無ければ、この35時間を自分の為に使えます。

注意散漫になるから

マルチタスキング、いわゆるながら仕事をしていると(例:洗濯ものを折りたたみながら、PCで仕事しながら)同時並行しているタスクが、うまくいっていると思いがちだが、実態は次の二つです。

A:タスクを完了させるのに、さらなる時間がかかっている。

B:タスク自体のクオリティが下がる。

メールにしても書類仕事にしても、テレビ見ながらだとミスしがちです。なぜなら、人ってそもそもマルチタスキングが得意じゃないのですよ。同時に複数のことをしながら、すべて高品質を保つのって難しいですよね。

人生の大事なことに気づかなくなるから

注意散漫の裏返しだが、自分のとって何が本当に大切なのか気づかなくなります。人生の中で大切のことに気づくって、まさに自由への切符です。それが明確になっただけで、急に周りが輝きだしますよ。

本当にやりたいことって?
本当に行きたいところは?
本当に会いたい人は?

テレビに気を取られている間は、必然的に本当に大切ことに気づけないです。したがって、遠回しに言うとテレビは我々の自由を奪っています。

交友関係がなくなる。

一人でテレビを見ていると、その時間は必然的に一人です。その時間は友人や家族との交友関係はありません。その時間を使って誰かに貢献できたたかもしれないですね。

創造する時間がなくなる。

消費している間は創造できません。漫画読みながら漫画は描けないです。したがって、テレビのコンテンツを消費している間は、コンテンツを創造できないです。テレビには我々の創造力を奪う力があります。

確かにテレビを見るのは楽だし、楽しいですよ。だけど本当に時間を消費してまで見る価値はありますか?私は誰もがテレビを処分するべきだとは思わないです。大事なのは自分に価値の質問をしてみること、そして自分なりの価値観を作り上げることです。

私の場合、3.11を機にテレビを処分しました。津波で流されている家々や福島の惨状を見て、人生はテレビを見ているには短かすぎると痛感したからです。


テレビが生活からなくなって本当に自由になりましたよ。たまに実家に帰ってテレビを見ていると、なんだが人生を吸い取られているみたいな気分になります・・・ 見るのやめたい思っている人は、一週間だけでいいからやめる実験をしてみるといいですよ。

この自由な時間は本当になんだってできます!
読書したり、ジムに行ったり、ブログ書いたり。

人生って本当は自由だったのです!

テレビがそう見えなくしているだけです。金も時間も自由も交友も創造性も全部奪われてしまいます。そしてその対価は、つかの間のエンターテイメントです・・・それはつかの間の鎮静剤。多くの人にとってテレビはドラッグみたいなもんですよ。